わかくさモノ造り工房

わかくさモノ造り工房

主にペーパークラフトなどの創作物を紹介します 作品が充実してきたので最新ページ以外も観に行ってくださいね

<シリーズ>「君の名は。」 宮水三葉 を作ってみた

スポンサーリンク

 

MAIN CONTENTSはこちら

記事は掲載順になっていません

管理人が “見てもらいたい順” になっています

 

 



 

スポンサーリンク

 

MAIN CONTENTSはこちら

空母飛龍を作ってみた06 ~船底を貼り付ける~

スポンサーリンク

 

MAIN CONTENTSはこちら

シリーズ過去記事はこちら

f:id:wakajibi2:20170120192324j:plain

骨組みが出来上がったので、船底のパーツを貼り合わせていきます

基本的にのりしろがあるような、無いようなパーツですので、骨組みの桁の間隔から推測して、ほんの僅か重ね合わせながら慎重にボンドで貼っていきます

「ズレが少しずつ蓄積していって、最後のほうにパーツが合わなくなる」

というのがこのテの作業のお約束ですが・・・

f:id:wakajibi2:20170120192532j:plain

まぁ、なんとかそれっぽくなりました

いやぁ、なかなか魅力的な曲線美ですなぁ

これはフルハルモデルならではの楽しみ方です

ちなみにこの作業も途中で止まっている時期があって、実際には一番上の写真と、2枚目の間に数か月間のブランクがありましたwww

 

んで、写真の右端に写っているのが・・・

f:id:wakajibi2:20170120194653j:plain

コイツです、キットに付属していた97式艦上攻撃機

将来的にこれを載せる場面を想像しながら作ると、おのずとワクワクしてきます

 

f:id:wakajibi2:20170120194439j:plain f:id:wakajibi2:20170120194444j:plain

さて、これらはキットには付いていなかったのですが、余っていた厚紙を利用して「船台」的なものを作ってみました

おそらく空母以外の艦船であれば重宝したかも知れませんが、結局のところあまり出番はありませんでした、

というのもスクリューや舵をつける前は、そのまま船底を接地させて作業ができたし、側面や、裏面の作業は

 

飛行甲板

 

のおかげでガッツリひっくり返すことができたからです

当然艦橋は一番最後の作業になりました

 

ここまでは、期間が空いていたものの、順調に進んできた感じだったのですが

次回、ついに

 

手描き

 

キットによる最初の難関がやってきます

スポンサーリンク

 

MAIN CONTENTSはこちら

シリーズ過去記事はこちら