わかくさモノ造り工房

わかくさモノ造り工房

作品が増えて来ましたので、最新ページ以外も観に行って頂けると幸いです。

【パラダイス】滋賀県南郷水産センターに行ってきました

MAIN CONTENTS はこちら

親バカシリーズ過去記事はこちら

 

当家の三女「なすなす」は

f:id:wakajibi2:20190201185305j:plain(「なすなす」キャライラスト)

動物が大好きです 

↓ 過去にも夏休みの自由研究で動物の尻尾を研究したりしています

動物園やペットショップでのふれあいコーナーなどが大好き

最近殊に多くなってきた動物系のTVも食い入るように観ています

 

そんな折

どこで覚えてきたのか、釣りがしたいと言い出しまして

今度はさかなとのふれあいかよっ!

 

うーむ、ワタクシ釣りの経験が全く無いわけではありませんが

もう20年、30年も前の話ですのでもちろん道具も持っていません

人に教えるほどのスキルもありません

 

「せっかく琵琶湖が近くにあるのに勿体ない!」

バス釣り愛好家の方からはお叱りを受けるかもねぇww

スポンサーリンク

 

 

しかしながら、そんな方にこそオススメ

ちびっ子でも簡単に釣りさかなとのふれあいが楽しめる

 

滋賀県南郷水産センター

 

琵琶湖の南側、瀬田川の傍に位置しており

車で2~30分で行ける距離にありながら、なかなか今まで訪れる機会がありませんでした

なすなすの釣り体験のために行ってみることにしました

www.eonet.ne.jp

 

この施設

 

TV番組「探偵!ナイトスクープ

この中の人気コーナー 桂小枝師匠の「パラダイス」でも紹介されたことがあるのですが

(広告)

この番組で定義される「パラダイス」と呼ぶにはちょっとジャンルが違ってて

かなりしっかりした施設ではあります

滋賀県漁業協同組合が主幹なのかな)

 

ですが上の施設紹介リンクにもあるように、冒頭から

 

「さかなと遊べるパラダイス!」

 

・・・どうやらパラダイスと呼ばれるのもまんざらではないようですww

スポンサーリンク

 

 

 

さてこの日、天気は申し分なかったのですが

いかんせん風が強かった

 

まずはチケット購入を済ませて入場(大人¥400 小人¥200)

 

あるような無いようなゆる~いゲートを通ると、いきなりゴッツイ乾燥麩(¥150)が売られていたので購入

 

ははーん・・・これで魚の餌やりをしろ、と

しかしこんなデッカイ麩

 

どうすんの?

 

と思っていたのですが全くの杞憂でしたね

 

釣りが主目的だったのですが、せっかくですのでこの餌が使える

鑑賞池なる場所を教えてもらいました

f:id:wakajibi2:20190520104313j:plain

この「鑑賞池」には大量の

巨大コイ!

もう軒並みデカい!! これらが芋の子を洗うように

うにょろうにょろ バッシャバッシャ!!

苦手な人が見たら卒倒するレベルの異様さ

 

ここで乾燥麩を餌として与えます

画像でご覧のとおり、そこそこの太さのお麩なのですが・・・

 

細かくちぎって ポイッ・・・

 

なーんて可愛げのあるものでは無く・・・

 

麩をそのまま差し出すと・・・

 

餌を丸のみする勢いの大口で喰らいついてきます

 

とはいえそこそこの長さのある乾燥麩

 

「フフン・・・、さすがに端を齧りとることしかできまい」

 

と、なめプしていたらなんと!!

コイツら麩をくわえたまま絶妙の捻りを入れてくるんですっ!!

もともとそんなに強い構造でもない乾燥麩

根元からボッキリもっていかれてしまいました

 

なんとか回収はしたものの、麩はびしょびしょのズタボロにされていましたとさ

 

マトモに対峙したければ、麩の中ほどをしっかり持ってブレない度胸が必要になります

 

しかしながら慣れると可愛く見えてくる不思議ww

うむ、ういやつういやつ

 

あ、別に餌はちぎってポイでもいいんですよ

もちろん風上からね

スポンサーリンク

 

 

餌をすべて消費し終えたあとは、「マス釣り場」へ向かいます

こちらでは 

竿代(練りエサ付き)¥100/1本

「マジか!めっちゃリーズナブルやんけー」

と思って竿を受け取ると

竹の棒の先から釣り糸が付いていて、浮き釣り針(返し無し)

もうシンプルを絵に描いて額にハメたような原始的な釣りセット

 

ちょっww こんなもんで釣れるのかよ

と思っていたのですが、とりあえずなすなすにやらせてみます

 

これも風が強いので、風上から釣り糸が流れるままに放り込みます

最初は餌を取られるだけで徒労に終わっていたのですが

 

何回目かにHit!!

f:id:wakajibi2:20190520104149j:plain

人生初の魚釣りに成功です!!

 

それでアタリの感覚を掴んだのか、以降は投げ込み(キャストっつーの?)2,3に1回の頻度でバンバン釣り上げます

入れ食い釣り堀だから当然っちゃー当然なのですが・・・)

 

練りエサが無くなるまで続けて、なんと釣果トータル6尾!!

 

この「マス釣り場」

釣ったマスは持ち帰ることも出来ますし、その場で塩焼きで食べることも出来ます

むしろリリースは禁止で、釣り上げたマスはすべて買い取りとなります

魚代 ¥100/50g

逆に釣りすぎないように注意しましょうww

 

今回は釣り上げた6匹のうち2匹を焼いてもらいました

(施設スタッフのおっちゃんが炭火で上手に焼いてくれます)

マス塩焼き ¥100/1尾

スポンサーリンク

 

 

・・・

だいたい15分~20分くらいでしょうか

 

f:id:wakajibi2:20190520104232j:plain

こんがり塩焼きされたマスさんがシンプルなトレーに載せられているのを受け取りに行きます

さっきまで元気に泳いでいたおさかなさん

新鮮かどうかなんてレベルじゃねぇ

激ウマです!!

普段、それほど焼き魚が好きでは無いなすなすも

まー食うわ食うわ

自分が釣り上げた獲物だから余計に美味しかったのでしょう

 

食べてる最中も、以前の研究テーマだった、マスの尻尾はもとより鰭や骨にも興味津々

特に今回は魚の口の開閉構造が面白かったらしく、パクパクパクパク

さらにスマホで記録

f:id:wakajibi2:20190520104234j:plain

オイ!さすがにそのアングルはグロいって・・・(-_-;)

 

マスの立場にしてみりゃ迷惑なハナシですが、施設の方が愛情かけて育ててくれた貴重な命です

たまたま今日なすなすが釣り上げた、という仏教的な「ご縁」

感謝して隅々までしっかり頂くことにしましょう

 

残り4匹は保冷剤を入れてもらって、持ち帰りました

長時間の移動が予想される方は、クーラーボックスなどを持参した方がいいかもしれません

スポンサーリンク

 

 

この他にも

金魚すくいコーナー(夏はザリガニ釣り)

f:id:wakajibi2:20190520190922p:plain

場内ガイド/滋賀県南郷水産センターより

 

水路的なものにアユを放流して水着のちびっ子達がザバザバと入っていく

つかみどりコーナー

f:id:wakajibi2:20190520191313p:plain

場内ガイド/滋賀県南郷水産センターより

これもう半分は水遊びですね

 

それから コイ釣り場 フナ釣り場 ルアー・フライ釣り場 ちびっこ釣り場 水産資料館など

 

子供から大人まで軽~い感じで訪れても、結構遊べる施設です

 

 

MAIN CONTENTSはこちら

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ペーパークラフトへ
にほんブログ村


ペーパークラフト・文具ランキング

「マイバッグ持参にご協力お願いします」依頼主は・・・ 親バカここに極まれり

MAIN CONTENTS はこちら

親バカシリーズ過去記事はこちら

 

我が家の子供達は優秀です(親バカ)

いろいろ優秀なポイントがあり、いちいち挙げて行くとキリがないのですが(親バカ)

特にモノ造りの才能が、なかなかのスピードで進化しております(親バカ)

 

過去にハンドメイド作品専門のネットショップを開設したお話をしましたが

ぶっちゃけココの話題は置いておきましょう (-_-;)・・・

商品が売れてるかどうかなんて覗きに行っちゃダメだぞ!絶対だぞ!

スポンサーリンク

 

 

このショップ経由ではないのですが、あるクライアントから「ころも屋」に作品の依頼がありました

 

昨今、プラスチックごみの問題が騒がれており

スーパーやコンビニで使用しているいわゆるポリ袋などの削減が進められていますよね

 

今回のクライアントは現役引退後、ちょっとした商店(採算度外視)を経営しており

ポリ袋の削減をお客さんにアナウンスするための広告的なものを依頼してきました

広告媒体は自由です

スポンサーリンク

 

 

まずは広告といえばポスター

f:id:wakajibi2:20190513183354j:plain

f:id:wakajibi2:20190201191059p:plain製作者は長女「ころも」

即興イラストの製作に長けております

 

ま、正直なところ この程度のポスターでは来客の目に留まることは難しいでしょう

 

そこで登場

f:id:wakajibi2:20190201185315j:plain次女「KOHAKU」

 

上のイラストを元にして、立体フィギュアを製作いたしました

f:id:wakajibi2:20190513190112j:plain
f:id:wakajibi2:20190513190102j:plain

左が大声でアピールしてる「ピンク」

右はお辞儀の「ブルー」

樹脂粘土とやらで造形し、仕上げはレジンを塗りたくってコーティング

 

 

これをヒキで写真を撮ると

f:id:wakajibi2:20190513190248j:plain

マイバッグ持参にご協力お願いします」
とまぁこうなります

 

続きまして

f:id:wakajibi2:20190513111502j:plain

マイバッグのミニチュアで旗振り役の「イエロー」

ちなみに、このミニチュアバッグを作ったのは

f:id:wakajibi2:20190201185305j:plain三女「なすなす」

一時期、ミニチュア造りにハマっており、その時の技術を生かしております

 

最後に

f:id:wakajibi2:20190513191202j:plain
f:id:wakajibi2:20190513191205j:plain

・・・

ポリ袋削減っつってるのに、なに被ってんのよ!

よく分からない「パープル」でした

 

勢揃いしたところがコチラ

f:id:wakajibi2:20190513191404j:plain

ちなみにこの台座になっている皿

次女KOHAKUが学校の陶器製作の体験学習で作ってきたものです

 

ポスターだけではインパクトに欠けますが

この人達との合わせ技で広告のアピール効果を増幅させようという魂胆です

スポンサーリンク

 

 

さて、この作品を依頼してきたクライアント

 

何者かと言いますと

 

ワタクシの両親

 

そう じぃじばぁば だったというオチww

まぁ孫の作品です

言うまでもなく大絶賛の嵐で萌え狂っておりました

爺バカ 婆バカ ここに極まれり

 

実際の商店での展示の模様

f:id:wakajibi2:20190513192547j:plain
f:id:wakajibi2:20190513192544j:plain

ガッツリピンボケしとるのぅ、オイ


さて、材料費も結構バカにならない今回の依頼

後日たっぷり報酬を頂くとしましょうかねぇ・・・くっくっく

 

 

MAIN CONTENTSはこちら

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ペーパークラフトへ
にほんブログ村


ペーパークラフト・文具ランキング