わかくさモノ造り工房

わかくさモノ造り工房

作品が増えて来ましたので、最新ページ以外も観に行って頂けると幸いです。

大航海時代における外洋船の船体形状の変遷 GIF動画で解説

MAIN CONTENTS はこちら

 

記事の流れとしては前回の・・・

続きなのですが

旧式帆船からフリゲート艦に進化するにあたって

取り入れられていた新機軸のうちの一つ

船体形状の変化について語ってみましょうか

 

スポンサーリンク

 

 

せっかく新規で仕入れた知識もあるので、大航海時代全体の流れも時代を追って紹介しようと思います

 

ほんで今回の表題「大航海時代における外洋船の船体形状の変遷」となるわけですが

 

色々調べていたところ

白い船舶模型を発見してしまいました

<広告>カタロニア船

おそらく船舶模型界隈ではメジャーな船なのかもしれませんが、私にとっては初見

その可愛らしいフォルムに思わず二度見ww

 

上の画像は「カタロニア船」と呼ばれている船舶模型のレプリカです

オランダ ロッテルダムヘンドリック海事博物館に収蔵されており、現存する世界最古の船舶模型とも言われています。船種の一般名称は「コグ船」に属しており、12世紀頃からバルト海で交易などに使用されていました。丸みを帯びたずんぐり船体が特徴で、1本マストの1枚横帆で非常にシンプルな帆装です。

 

今まで紹介してきたキャラック船

これの1世代前の先祖にあたる船と思われます

 

画像の印象からもお分かり頂けると思いますが・・・

大航海時代初期の古いタイプの外洋船は船首楼と船尾楼を目いっぱい高くして、高波に対応しています

乾舷も高く、横からの波も防御できますね

 

このように大型船を建造する技術が無かった時代は、外洋の波に対応するため

丸っこいフォルムが一般的でした

なんつーか、こう・・をそのまま浮かべてマストとセイルを付けただけような船形ですねぇ

 

 

これもう耐波性能、というよりは弄波性能(造語です:波に弄ばれても大丈夫な性能)と表現した方が適切かもしれません

大波の膨大なエネルギーが襲いかかって来ても船体を前後左右にグルングルン回して受け流します

極めて高い復原力によってどんなに傾いても必ず元の状態に戻ってしまうのですww

(しかしいつまで経っても前に進まないなぁ・・・)

 

うん、先人たちの叡智を感じるぜ

 

ということで、まずは・・・

元々の画像が船舶模型ですので誇張も入っていますが、カタロニア船から次の時代のキャラック船に至る船体形状の変化をGIFで表してみました

f:id:wakajibi2:20190607091534g:plain

このころは正面の耐波性能を上げるためか、船尾楼よりも船首楼のほうが位置的に高く作られています

この辺りが中世のノスタルジックな印象を受けますね(個人的感想)

スポンサーリンク

 

 

さらに船体は大型化していき、船体は長くなり、船尾楼が巨大化してきます

これがガレオン船

f:id:wakajibi2:20190607102604g:plain

ヨーロッパ諸国では船の大きさや、装飾の豪華さ(特にこの船尾楼の装飾)で競いあうようになり、国力を誇示する目的にも使用されることになります

(特に国力誇示の風潮は第二次世界大戦期まで続き、末期には大日本帝国も加わり長門型戦艦を含むビッグ7へとつながる訳ですが話がそれるのでここまでで)

 

このようにキャラック船ガレオン船など船体の大型化に伴って船首楼と船尾楼の位置は相対的に低くなってきたものの、その名残りは色濃く残ります

 

それまでは外洋船の主目的は交易未知の世界への探求でしたが

世界の全体像がなんとなく見えてくると、次は権益争いが起こります

ある程度の攻撃力を持たせるために若干の大砲は積んでいたようですが、ヨーロッパにおける相互影響でどんどん重武装になって行きます

(これがいわゆる大艦巨砲主義へと発展し、大和型戦艦で終焉を迎える訳ですが話が反れるのでここまででww)

 

とにもかくにも大砲数を増やすとなると、左右舷側にズラリ

さらに増やすには上下に多層化してズラリ

こうなってくると丸っこい船体では傾斜が多く大砲の設置も照準も安定しません

 

一方・・・

このころには先人の経験から安全な航路、危険な航路、それぞれ把握されてきているので荒波にもまれる機会も減ってきます

 

・通商破壊をするにしても・・・

安全な航路を通ってくる商船団を襲うわけですから安全(商人側はやはり危険)

 

・はたまた戦争をするにしても・・・

外洋とはいえ、拠点から近場の海上でドンパチやるわけですから安全(少なくとも海面のコンディションはw)

 

そうなると船体を丸っこくするよりは出来るだけ長くフラットにする方がたくさん大砲を載せることができますね

 

正直ね、邪魔になってきたんです、船首楼と船尾楼

 

スポンサーリンク

 

 

本題のフリゲート艦に行く前に

レイジー(またはレイジー船)という名称にも触れておきましょう

これは特定の艦種を指すものではなく、上記の理由から船首楼、船尾楼を切り詰める(英語でrazeed)改装を施した船を指します

 

これら改装の利点をWikipediaからも引用してみましょう

・船楼に余計な風を受けなくなることによって、風上に切り上げる操船が容易になった。
・トップヘビーが解消され、かつ全体に軽快になった。
・船尾楼を低めることにより、最も後ろのマストの桁が自由に動かせるようになった。

 

せっかく丹精込めて造ったキャラックや、ガレオン船首楼と船尾楼

「結局レイジーされてまうんかいっ!!」

造船所オヤジの落胆たるや察するに余りある・・・

 

かくして、時代の流れに伴い船首楼、船尾楼がもともと低い状態での造船が主流になって行ったのでありました

スポンサーリンク

 

 

 

ではいよいよ・・・

船体形状にこれまでの造船の常識を覆すような劇的な変化が起こります

その代表格がフリゲートなのです

f:id:wakajibi2:20190607103439g:plain

いかがでしょうか

一気に近代的シャープ洗練された船体形状になってきたではありませんか!

f:id:wakajibi2:20190607195146g:plain

このような時代のトレンドに伴って作られた船ですのでこのフリゲート艦の船体はフラットになっている訳です

キャラック船ガレオン船との違いがお分かり頂けましたでしょうか

 

まとめ動画はちょっと重いのでyoutubeにUPしました

f:id:wakajibi2:20190607112000p:plain

ゆーてもたった16秒ですけどねww

今回の動画

PowerPoint®とMovieMaker®を使用しています いやぁ・・・大変だったわw

スポンサーリンク

 

 

 えーっとね・・・

これフリゲートの新機軸

まだ第一弾ですww

あと2つ3つあるのですが、果たして終わるのだろうか・・・(このブログこんなんばっかorz)

MAIN CONTENTSはこちら

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ペーパークラフトへ
にほんブログ村


ペーパークラフト・文具ランキング

 

 

紙バンドの使い方が違うよシリーズ 第2弾 フリゲート艦

MAIN CONTENTS はこちら

 

このブログのメインコンテンツはもちろんペーパークラフトです

ですがモノ造りを標榜している以上、その他いろいろ作ります

 

「その他」のうちの一つ 紙バンド工作

(ある意味ペーパーによるクラフトではありますが・・・)

 

紙バンドとは、もともと梱包の結束用に作られたものでしたが、籠を編んだりしてクラフト用に転用され、発展してきたものです。

クラフトバンド クラフトテープ 

など呼び名はさまざまです

 

この紙バンドクラフト

我が家で最も長けているのは、次女のKOHAKU

過去にも何度か作品を紹介しました

このように紙バンドを編み込んで小物入れやバッグなどを作るのが一般的なのですが

 

製作過程で発生する大量の紙バンドの切りクズ・・・

スポンサーリンク

 

 

私ね・・・生来 ドケチ 節約家なんです

 

勿体ない精神でこれらを集めてきて

勢いとノリ(糊ではない)だけで

なんとかできないものか、と

 

再度作品に仕上げてみたのがこちら

↓紙バンドの使い方が違うよシリーズ 第1弾

「キャラック」タイプの西洋帆船

これは私の作品

 

さらにコレに触発されて次女KOHAKUが作ったのが

いわゆる「ガレオン」タイプの西洋帆船

 

これらキャラックガレオン

 

大航海時代黎明期に活躍した艦で、大好きなのですが

後世の帆船の洗練された容姿を見ていると正直

もっさい

 

もうちょっとカコイイ船も作れんものだろうか・・・

と思いながら、またもや紙バンドの切りクズをこねくり回してみることにします

スポンサーリンク

 

 

んでもって、出来たのがコチラ

 

キャラックガレオンの拡大改良版といったところでしょうか

 

紙バンドの使い方が違うよシリーズ 第2弾

ミニチュア フリゲート です

紙バンドクラフト フリゲート艦

もっともこのフリゲートという呼び名

時代や国によって船の用途や規模、定義が異なります

現代においてもこの艦種名を持つ軍艦が存在します

 

コイツは帆船時代のフリゲート

 

武装はそこそこ、大きさもそこそこ、スピードは比較的早い

紙バンドクラフト フリゲート艦

簡単に言えば、中途半端な艦船でした

 

しかしながら

 

戦場にあっては哨戒、連絡、通報、陽動、奇襲などなど

紙バンドクラフト フリゲート艦

その他、商船団の護衛、逆に通商破壊などなど

紙バンドクラフト フリゲート艦

本国から遠く離れた植民地への遠洋パトロールなどなど

紙バンドクラフト フリゲート艦

あらゆるシーンで活躍する何でも屋、便利屋の位置づけでした

紙バンドクラフト フリゲート艦

さてこのフリゲート

これまでのキャラックガレオンなんかと比べると、ちょっと洗練されてシャープな印象を受けるかと思います

紙バンドクラフト フリゲート艦

私がこの艦型に惚れたのは、単にカッコイイというだけではありません

帆船の進化に伴い、いろんな新機軸が盛り込まれております

これらは現代のヨットにも通じるような、当時としては最先端の技術やアイデア

 

え?見た目では違いがよく分からない??

 

仕方ないな~

 

次回以降 

大航海時代初期の帆船との違い、その後の帆船の発展史を私の勝手な解釈を加えながら説明したいと思います

スポンサーリンク

 

 

あ、そうそう

いつも忘れてしまうんですが

作品のスケール

f:id:wakajibi2:20190531085621p:plain

ペットボトルのキャップに乗るレベルの大きさです

 

紙バンドのミニチュア作品

こんなイレギュラーな使い方をしている偏屈者はよもや他にいないだろう

・・・と思っていたら

普通にミニチュアを作っている方もいらっしゃいました テヘペロ

https://ameblo.jp/jiie0522/

世の中は広いわぁ・・・

 

 

MAIN CONTENTSはこちら

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ペーパークラフトへ
にほんブログ村


ペーパークラフト・文具ランキング