わかくさモノ造り工房

わかくさモノ造り工房

作品が増えて来ましたので、最新ページ以外も観に行って頂けると幸いです。

え?次はグルーガン?? 流石に節操が無さすぎじゃ・・・親バカここに極まれり

MAIN CONTENTSはこちら

--------ある日のこと--------

 

次女:グルーガン欲しい

 

父:なんでまたグルーガン?? (;一一)

 

次女:だからグルーガン・・・知らん??

 

父:いやいや、知っとるわい! あれだろ

こういうのを

こういうのにセットして

風呂場とか洗面所の隙間を防水加工する・・・というアレ

 

次女:え?

 

父:え??

 

次女:いや そうじゃなくてグルーガン

 

父:いやいや それがグルーガン

 

次女:いやいやいや そういうグルーガンじゃなくて

 

父:え?

 

次女:え??

 

父:どんなグルーガンやねん

 

--------かくして--------

 

 

まだまだプレゼンテーション能力が不足している次女と

固定観念で凝り固まった親父との堂々巡りが小一時間続きます

スポンサーリンク

 

 

いい加減埒が明かないのでググったり

Amazonさんで検索してみたところ

 

こういうのがヒットしました

 

ほほぅ、なるほど

最近はこういう工作キット的なグルーガンが流行っているのか

 

しかしながら・・・

これではもう既にグルー(糊)を扱う道具でも無くなってるし

そもそも形がガン(銃)では無いではないか!!

 

という頑固オヤジのたわごとは一旦置いといて・・・

商品名は「3Dペン」のようだし・・・

 f:id:wakajibi2:20180420085936p:plain f:id:wakajibi2:20180420090041p:plain

商品ページより

 少々値が張るようだが仕方がない

 

「出来合いの玩具」のようなものなら即却下するところではあるが

こういうクリエイティブな商品なら飛びついてしまうところは

父も娘も同じ性分

 

父:その代わり次の誕生日のプレゼントはナシな

 

次女:後日交渉で

 

ちっ、当日には俺が忘れているだろうことを見越してやがる(#^ω^)ピキピキ

スポンサーリンク

 

 

さて

商品が届いたところ、早速練習

知り合いから頂いて、持て余していた屋内用植木鉢の台座(ヒノキ)があったので作業台として使用

 f:id:wakajibi2:20180420085340j:plain

お、おう・・・

最初にしてはまずまずだな

左に鎮座しているのは・・・空気入れだな

 

このグルーガン

専用のプラスチックを熱で溶かしながら押し出して造形するキットのようで

伸びて糸を引く性質があります

これの処理をどうするかが、作品の出来を左右するようです

 

しかしながらなんで自転車?

と、思いきや

 

f:id:wakajibi2:20180420085853p:plain商品ページより

f:id:wakajibi2:20180420102626p:plain

あ、なるほど

これがモデルだったのね

 

この後、色を変えながら文字を書いて練習、練習

f:id:wakajibi2:20180420085343j:plain

 

はてさて、どんな今後どんな作品が出来上がることやら

乞うご期待です

 

ってか、今までの ペパクラ や SketchUp® どないなっとんねーん!

ちょっと心変わり早すぎじゃね?

MAIN CONTENTSはこちら

シリーズ過去記事はこちら


ペーパークラフト・文具ランキング

ハイギョマニア増殖中!いやでもマジでカワユス(*´ω`*) 親バカここに極まれり

MAIN CONTENTSはこちら

 

いやね、事の発端は中学校の宿題だったんです、ただの宿題

それがよくよく調べているうちに家族みんなでハマってしまって大変なことになってしまいました

(魚のウロコ苦手な長女除く)

 

そうです

ハイギョ!!肺魚

中学校で課題を出され、何らかの生き物を掘り下げて調べてこい、と

なぜかウチの次女がセレクトしてきたのがハイギョ

 

ワタクシも中学生レベルの知識はありましたが、よくよく調べてみるとこりゃまたスゲー生き物

 

ハイギョ とは- Wikipedia

 

かの有名なシーラカンスと並んで「生きた化石」と言われるほど生物学的に重要な存在なのです

見た目は他の魚類とさほど変わりはありませんが

生物の進化の過程、として捉えたら そりゃもうスゲーのなんのって

 

なかでも次女のお気に入りなのが

オーストラリアハイギョ(Australian lungfish)

 

スポンサーリンク

 

 

今回は先に、以前の記事のはてブとお礼

<親バカここに極まれり>うさぎさん & ミノカサゴ - わかくさモノ造り工房より

id:tekuteku_michikusaさん

f:id:wakajibi2:20180309174038p:plain

id:mashley_sltさん

f:id:wakajibi2:20180309174126p:plain

id:nichinichisou0808さん

f:id:wakajibi2:20180309174211p:plain

id:cloudsalonさん

f:id:wakajibi2:20180309174231p:plain

ウチだけの流行かと思いきや、意外とハイギョ好きがいることにビックリww

 

んでそのスマスイ

正式には神戸市立須磨海浜水族園

 

こちらで飼育されているオーストラリアハイギョを撮影してきました

f:id:wakajibi2:20180414170429j:plain

パッと見は普通の魚なのですが・・・

ちょっと表情にオオサンショウウオやウーパールーパー的な面影があったり

肉鰭綱に分類されるだけあって鰭の根元が逞しい(シーラカンスっぽい)

「生きた化石」シーラカンス ペーパークラフト 親バカここに極まれり - わかくさモノ造り工房

小一時間程、一家で凝視していたのですが、たまに呼吸をしに水面に上がっていきます

(不便だし、捕食など身の危険が・・・)

 

オーストラリアハイギョ以外にも

鰭がヒゲ状になっている生物進化的には「誰得??」なミナミアメリカハイギョや数種類のハイギョが飼育されています

ハイギョマニアにはマジおすすめ

 

え?その他の魚??

↓こちらでどうぞwww

sumasui.jp

 

このときに買ってきたのが

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/w/wakajibi2/20180123/20180123172011.jpg

このミノカサゴ<親バカここに極まれり>うさぎさん & ミノカサゴ

 

スポンサーリンク

 

 

さて

この水族館で勉強してきた内容

その他の資料から得られた情報などを とりのこ用紙にまとめます

 

そして中央にデカデカと描かれたハイギョが

 

これだー!!

f:id:wakajibi2:20180414171144j:plain

カワユス(*´ω`*)

デッサン指導:父親

着色(色鉛筆)指導:母親

なかなか見事な再現力であることよ(親バカ炸裂)

 

このほか

簡単な解剖図(魚なのに肺があるという情報)

あと聞き慣れない夏眠(冬眠ではない)

などのイラストも追加して完成

 

学校で発表してきたようです

はてさて どのような評価を頂いたのかは・・・

 

知らないww

調べること、まとめること、発表することに意義があるのです(キリッ

 

MAIN CONTENTSはこちら

シリーズ過去記事はこちら


ペーパークラフト・文具ランキング