わかくさモノ造り工房

わかくさモノ造り工房

ペーパークラフトを中心に創る造る作る

自然免疫と獲得免疫

MAIN CONTENTS はこちら

 

ときおり脈絡もなくブッ込んでくる「用語」に関する記事です

↑過去の事例

 

ここ1、2年、新型コロナ感染やワクチン接種の話題が多くなっていますね

一般的な会話やネット掲示板の書き込みなどに

自然免疫

という言葉がよく出てきます

 

「自然免疫」という字面から、みなさんはどのようなものをイメージしますか?

 

正式な使用方法としては

自然免疫:生まれつき持っている免疫能のこと

主に好中球、マクロファージ、NK細胞などが担当します

 

これに対する言葉は獲得免疫と呼ばれます

獲得免疫:細菌・ウイルスなどに感染することによって誘導される免疫能のこと

ですがワクチンによって獲得した免疫もこの獲得免疫に含まれます

主にB細胞、記憶細胞、ヘルパーT細胞、キラーT細胞、制御性T細胞などが担当します

 

(ホントはそれぞれの担当細胞があらゆる場面で複雑に関与しあってしているのですが、ここではざっくりと分けています)

スポンサーリンク

 

 

ところが

 

どうもネット上などではワクチン接種ではなく新型コロナウイルスに感染することによってできる免疫を「自然免疫」を呼称している例が少なからず見受けられます

おそらくこれは

ワクチン=人工的に作られたもの

ウイルス=自然界で発生したもの

という認識があるので(特に昨今のmRNAワクチンはその傾向が強い)

 

ワクチン接種によってできた免疫を「人工免疫」(正式名称でない)

これに対しウイルス感染によってできた免疫を「自然免疫」(誤用)

というイメージの元「自然免疫」を用いているのではないか、と推測します

 

ただ、ワタクシのこのテの記事は結論が大体同じになるのですが・・・

会話や書き込みのやり取りや文脈で、意味が通じていれば別にどっちでもいいような気がします

むしろ 自然免疫⇔獲得免疫 の方がイメージしにくい

先天性免疫⇔後天性免疫 と表現する方がしっくりくるのですが、あまり一般的ではありません

 

また誤用のほうの「自然免疫」を意味する他の代用語が無いのでこれまた難しい

無理やり名づけるなら

「ワクチンに頼らない免疫」

「病原体限定誘導免疫」

「獲得免疫(ワクチンでない)」・・・

(*´д`)アカンナ…

スポンサーリンク

 

 

せめて

この記事を読んだ方は、記憶の片隅に置いておいてください

f:id:wakajibi2:20211019183934p:plain

纏めるとこういうことです

学術的にはこちらが正しい

 

もし間違って使っている方がいたら、やんわりと修正してあげましょう

( ´-`).。oO( あまりドヤると、めんどくさい人扱いされる諸刃の剣)

 

あ、ちなみに私はすでに新型コロナワクチン2回接種を終えていますが

「ワク信(ワクチン信者)」でも「反ワク(反ワクチン主義者)」でもありません

個々の判断で打つ、打たないを決めましょう

 

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ペーパークラフトへ
にほんブログ村


ペーパークラフト・文具ランキング



 

とっても影の薄い後部艦橋 戦艦「大和」ペーパークラフト

MAIN CONTENTSはこちら

 

現在、雑誌付録のペーパークラフト

f:id:wakajibi2:20210822190449p:plain

歴史群像 2021年8月号 | |本 | 通販 | Amazon

戦艦大和を作っています

 

まとめ記事はこちら

 

今回は後部艦橋の話なのですが

以前に紹介した

前部艦橋(いわゆる艦橋)と比べまして

とにかく影が薄い

 

まずはどういうものか見て頂きましょう

f:id:wakajibi2:20211011160717j:plain

建造過程はこちら↓

f:id:wakajibi2:20211011160732g:plain

こうして見ると比較的立派な構造物のように感じますよね

スポンサーリンク

 

 

では実際に船体に設置してみましょう

設置前後の比較です

f:id:wakajibi2:20211011160748j:plain
f:id:wakajibi2:20211011160744j:plain

お分かり頂けるだろうか?

後部艦橋は後部マストの陰に隠れてしまい目立たなくなってしまうのです

さらにこの後ろに 副砲→主砲 と自己主張の激しい(見た目の派手な)構造物が並びますのでさらに影が薄くなってしまいます

 

 

そもそも艦橋の数ある役割のうち、重要なのが射撃指揮ですね

前部艦橋に設置されている

方位盤照準装置 敵との距離、敵の速度等を測定する測距儀 主砲の仰角、方位の修正値を計算する射撃盤

などなど、当時の最先端技術を複合したメカニズムで射撃を行っていました

基本的にすべての砲を一か所で制御し効率良く、なおかつ正確に撃つことが求められていたので通常は前部艦橋で全て行います

(射撃方法にはいろんなバリエーションがありますがここでは割愛)

 

実は後部艦橋にも同レベルの設備が整えられており、前方の主砲とは別の対象に射撃する際には独立打ち方が可能でした

また煙突の排煙や後部マストにより後方の視界が妨げられる前部艦橋の対空監視を補完する役目もあったようです

従って見た目の地味さ以上に、結構重要な役割を果たしていたのです

 

次は中央構造物の周辺

副砲台やら高角砲などなど積み足していきますね

 

 

MAIN CONTENTSはこちら

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ペーパークラフトへ
にほんブログ村


ペーパークラフト・文具ランキング