わかくさモノ造り工房

わかくさモノ造り工房

ペーパークラフトを中心に創る造る作る

図工という概念を超越もはや食品サンプル 親バカここに極まれり 

MAIN CONTENTSはこちら

久々の親バカ記事です

今回の製作者は三女なすなす

f:id:wakajibi2:20200802082413p:plainです

過去作品のいくつかをピックアップしてみましょう

 

YouTube動画での一番人気はコチラ

wakajibi2.hatenablog.com

YouTubeデビューしたとは言いながら更新はほとんどありませんww

かろうじてそれっぽいのがコチラ

wakajibi2.hatenablog.com

 

そして見た目で凄いのはこちら

wakajibi2.hatenablog.com

(´-‘).。oO(親バカ系の記事も一回整理せんとイカンな・・・)

スポンサーリンク

 

 

 

さて、今回の作品は何がスゴイのかというと

ワタクシ全くタッチしておりません

何故ならば小学校の図画工作の時間に作り上げたものだからです

f:id:wakajibi2:20200801191316j:plain

完成時には教室が騒然としたとかしなかったとか・・・

 

背景を変えて縦、横、斜め

f:id:wakajibi2:20200801191025j:plain
f:id:wakajibi2:20200801191029j:plain
f:id:wakajibi2:20200801191031j:plain

いわゆる「小分けカップ」や「ピック」は既存の物を使用しています

 

では個々の食材を見ていきましょう

卵焼き

f:id:wakajibi2:20200801191035j:plain

表面のシワシワは、アルミホイルをクシャクシャして押し付けたもの

黄身と白身のマーブル状態も表現されていますね

 

ミニトマト

f:id:wakajibi2:20200801191041j:plain
f:id:wakajibi2:20200801191037j:plain

木工用ボンドを薄めて表面に塗り、てかりを出しています

色合いにもうちょっと深みが出ればいいのですが、材料に限界があるのでね

クローバー型のピックはトマトのヘタを表現しているようですが・・・

てんとう虫が必要だったかどうかのツッコミは無しの方向で

 

多分ブロッコリーかな

f:id:wakajibi2:20200801191045j:plain

ピンセットで表面の凹凸を付けたそうです

 

豚肉

f:id:wakajibi2:20200801191048j:plain

生姜焼き的な感じだろうか

これも塗装を工夫すると、もっとリアリティをUPできそうです

 

定番のウインナー

f:id:wakajibi2:20200801191052j:plain

 

そして圧巻はこれです!日の丸!!

f:id:wakajibi2:20200801191342j:plain

米粒は細長く伸ばした粘土を等間隔に切り刻んで個々に造形

粘土の土台を弁当箱に設置し底上げ

上に米粒を1層だけ敷き詰めたそうです

作業を簡素化するための発想もさることながら、均等な大きさの米粒を作り続けるその根気たるや!

(´-‘).。oO(誰に似たんだか ヤレヤレ…)

 

小学校の「図画工作の時間」という限られた材料、道具、時間で作られた作品としては秀逸だと思います

 

最近では食品サンプルの作り方など、Youtubeで詳細に紹介されているので、本人がその気になればもっと本格的な物も作れるでしょう

(´-‘).。oO(こんど食品サンプル体験でも連れて行くか・・・)

スポンサーリンク

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ペーパークラフトへ
にほんブログ村


ペーパークラフト・文具ランキング



STOVL機とはなんぞや? F-35B 1/500スケール ペーパーモデル

MAIN CONTENTS はこちら

 

 

突然ですが、令和2年版防衛白書には護衛艦いずもの改修について言及されています

防衛省・自衛隊|令和元年版防衛白書|コラム|<解説>「いずも」型護衛艦の改修について

<一部引用>

 国土が狭隘で活用できる滑走路にも限界があるわが国の特性を踏まえれば、護衛艦からの短距離離陸・垂直着陸が可能な戦闘機(STOVL機)の運用は、その実現によって戦闘機の運用の柔軟性を一層向上させ、特に、飛行場が1か所(硫黄島)しか存在せず、自衛隊の展開基盤が乏しい太平洋上での防空任務の円滑な実施に大きく貢献するものです。

(中略)

 なお、「いずも」型護衛艦は、ヘリコプター運用機能、対潜水艦作戦機能、指揮中枢機能、人員や車両の輸送機能、医療機能等を兼ね備えた「多機能な護衛艦」です。

 

 

現在、市販の書籍の付録

 

「水に浮く! 1/350ペーパークラフト 最新護衛艦いずも」

これを製作中です

wakajibi2.hatenablog.com

船体の製作がほぼ終わりましたので、現在は艦載機を作っている訳ですが

上の防衛白書にあるように、護衛艦いずも はSTOVL機が運用できるよう改修する予定になっています

スポンサーリンク

 

 

 

はて?STOVL機とはなんぞや?と問われれば

STOVL機(Short take-off and Vertical Landing aircraft、短距離離陸垂直着陸機)

の略である、と

 

さらに分かりやすく言うと

・通常の固定翼機よりも短い滑走路で離陸できて

・着陸の時は真っすぐ垂直に降りてこれる

 

歴史的には、アメリカ、イギリス、フランス、ドイツ、ソ連などが鎬を削って次々と同様(VTOL機、STOVL機など)の航空機の開発を進めましたが

垂直機動と水平起動の両立は難しく、また事故が多発したためそのほとんどが試作段階で開発中止に追い込まれています

中でも完成度が高く、実戦にも投入されたことがあるのがイギリス生まれのホーカー・シドレー ハリアー

そのハリヤーをアメリカで改良して作られたハリアー II

これらの経験が生かされつつ、新機軸を取り入れて完成したのがF-35B

F-35はA型B型C型があるのですが、B型のみSTOVL機なのです

 

だいぶ端折って解説しましたが、詳しくはコチラをどうぞ

またはコチラ↓の動画が面白い

我々素人の感覚からすると異形としか言いようのないユニークな航空機が目白押しですww

スポンサーリンク

 

 

では完成度の高いSTOVL機、F-35B

垂直着陸モードを紙で再現してみました

STOVL機 F-35B ペーパーモデル
STOVL機 F-35B ペーパーモデル

前回↓のF-35Aと何が違うかというと

wakajibi2.hatenablog.com

ペパクラ的な変更点が7つほど

1.コクピット後部が開いてファンを設置

2.その後ろに観音開きのエアインテイクを設置

3.主翼のフラップを下方に折り曲げ

4.同様に水平尾翼を下方に折り曲げ

 

んでひっくり返して~

5.前輪の後方にファンの噴き出し口を設置

6.お尻の辺りにも観音開きの扉

7.ジェットの噴射ノズルを機体の下方(画像では上向き)に偏向

 

では実際の垂直着陸をご覧いただきましょう

なんせ安定感が物凄い

垂直機動のための余計な機構がデッドウエイトとなり、航続距離と搭載兵装に制限がかかりますが、逆に言うとそれ以外の性能はA型やC型と遜色無いと言われています

今までのVTOL機、STOVL機と比べても格段に高性能であることが分かります

 

この垂直着陸の瞬間をペパクラ的に再現してみると

f:id:wakajibi2:20200726182229p:plain

こうなるわけだ!!(注:全長3cmです 念のため)

あーはい、画像弄ってます 

何となくジェット噴射してる感出てるでしょ?

どうやって撮影したのかは、メイキングとか撮影方法の記事で改めて

スポンサーリンク

 

 

冒頭でもお話しましたが「いずも型護衛艦」の改修により、STOVL機のF-35Bが運用出来るようになります

では固定翼機が発着艦できるということになると

いずも型護衛艦=空母 なのか?

厳密な分類からいくと

答えはNO

もちろん自衛隊の特殊な事情もあるのですが

なぜ空母では無いのか、ということを歴史的な背景から語ってみたいと思います

(´-‘).。oO(ヤル気があるときにな・・・)

 

あと

短距離離陸(Short take-off)

垂直着陸(Vertical Landing)

をGIF動画で再現しようと試みていますが、現在難航中

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ペーパークラフトへ
にほんブログ村


ペーパークラフト・文具ランキング