わかくさモノ造り工房

わかくさモノ造り工房

ペーパークラフトを中心に創る造る作る

裏面印刷は地味だけど大事 【ウマ娘】グラスワンダー(新衣装) ペーパーフィギュア

MAIN CONTENTS はこちら

 

フィギュア系のペパクラ作品において

展開図に付属したりしていなかったりする裏面印刷用の画像

 

コイツの有無と有用性について語ってみます

例えば以前紹介したS.V.氏製作の【原神】甘雨ペーパークラフト

展開図の一部を提示しますが

このように裏面印刷の画像も準備して下さっています

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

 

 

前回グラスワンダー頭部を見てみましょう

お分かり頂けるだろうか

白い裏地が見えてしまっているのです

裏面を印刷するべき画像は用意されていませんでした

 

一方ペパクラデザイナー公式ページのギャラリーに掲載されている画像を確認すると

ちょっと分かりにくいですが、後ろ髪に白い下地は見えていませんね

 

ちなみに同様の構造の尻尾さん

よーっく見ると、白い裏地がチラチラ見えています

つまりこれは

自分で塗れ・・・とな

 

 

確かにこのままでは、なにより自分が納得いかない

 

という訳で裏面印刷の画像を自作しましょう

 

これはね

既存の展開図を単に反転しただけではダメなのです

印刷機器やソフトウェアの癖などがありまして、どうしてもミリ単位でのズレが出てきます

もともとパーツの端っこのちょっとした隙間に着色したいことが多いので

印刷のわずかなズレで白い部分が見えているとまったくもって意味を成さなくなります

なので近似の色を利用して、本来のパーツより一回り大きくなるよう塗り絵を行います

それほど精細にやる必要はありません

っていうかほとんど落書きレベル

本来塗り絵は枠の中を綺麗に塗るものですが、これは逆に枠からはみ出して塗ります

切り出したときに白い部分が無くなっていればいいんです

 

あとは印刷にズレが出ないように調整します

普段使っているのはペイントツールですが

印刷時のページ設定で

この辺りを調整して何度か仮印刷をします

ズレがあるようなら[余白(ミリ)]の数値をいじって調整します

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

 

 

両面印刷を済ませた展開図を用いまして頭部としっぽを改めて作り直します

後ろ髪の内殻と外殻

どちらも裏表に白い部分が無くなっていますね

 

前髪も比較してみましょう

左が裏面印刷有り 右が無し

 

さらに尻尾

左が裏面印刷有り 右が無し

 

ほんのちょっとしたことなのですが

完成したときのクオリティに差がでます

 

よし!これで心置きなく先に進めるゼ

装飾品などの小物(文字通りガチで小さな物)をひたすら作っていきます

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ペーパークラフトへ
にほんブログ村


ペーパークラフト・文具ランキング



 

頭部を作る【ウマ娘】グラスワンダー(新衣装) ペーパーフィギュア

MAIN CONTENTS はこちら

 

というわけで

今まで謎の【ウマ娘で引っ張ってきた今回のモデル

 

グラスワンダー(新衣装)だったのです

 ウマ娘 プリティーダービー 公式ポータルサイト|Cygamesより

新衣装とは

ゲーム内のキャラに個別に設定されている基本的な勝負服(左)とは別に新衣装(右)

と銘打って後追い実装されてきます

プレーヤーにガチャを何度もブン回しさせる運営の策略ですな

 

まぁゲームの性質上、実在した有名競走馬の数にも限界があるわけで

これはしゃーない

 

 

 

正式名称は セイントジェード・ヒーラー

名前からして、まさかのチームレースでの全体回復スキル持ちか!!

と一時期界隈がザワついたものですが結局単体回復スキルしか搭載されていませんでした

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

 

 

ええ、そうです

ちょっとウマ娘の世界観からは若干逸脱した出で立ちになっております

いわゆる僧侶、賢者などヒーラータイプキャラの衣装ですね

 

これはソシャゲのウマ娘 プリティーダービーで定期的に実施されるイベントシナリオの一つで、過去に1回だけファンタジー世界のストーリーがあり

その時の衣装で実装された育成ウマ娘です

gamewith.jp

もう1年前のイベントやね

たしかグラスワンダーエルコンドルパサーがファンタジーの仮想空間を冒険して、ゴールドシップ扮する魔王を倒しに行く・・・みたいなストーリー(詳しくは忘れた)

 

あれ以降、同様のシナリオは無いので、どうやら運営内でも黒歴史になっているのではないかと推察しております

 

ちなみに実在した競走馬グラスワンダーの情報はこちら

はい、牡馬(オス)です

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

さて、今回のペーパーフィギュア

出典は私がいつも愛用しているペパクラデザイナーの公式ページ

https://tamasoft.co.jp/pepakura/gallery/gallerydetails.php?id=1677

[ギャラリー]内に投稿されていた作品です

もはや紙とは思えない超絶クオリティ!!

ただし前回もお話ししたようにハンパないレベルの難易度ですのでペパクラ作りに慣れていない方は手を出してはいけません

 

あと

フリーアクセスで誰でもダウンロードできますが・・・

著作権的に大丈夫なのか?コレ

 

運営によって対応が異なるので、迂闊に展開図を公開できないのが悩ましいところ

私のスペシャルウィークアイネスフウジン(ミニキャラ)が無償公開できないのもこれが理由のひとつ

 

いつもお世話になっているペパクラクリエイターS.V.さんの作品の多くに【原神】キャラがありますが、運営の「株式会社miHoYo」はこのあたり寛容なようです

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

 

話が反れました

現在の製作状況をお伝えしましょう

 

顔面と後頭部

この辺りは、よくあるフィギュア系の作品と大差ありません

技術的にも問題なく、大体こんな感じ

 

以前作った支持パーツと上半身を仮固定してみます

 

前髪

毛先を構成する細いパーツが多かったので若干難渋しました

 

後ろ髪は

裏表を合わせるタイプで厚みを出しています

 

そして前回苦慮した耳

なんとかひらひら部位を完成させましたが

実はひらひらだけではなく

耳本体もメッチャ細かかったのです

 

グラスワンダー頭部が完成

 

 

 

・・・ではないんだな、コレが

 

 

右耳の根元に据え付ける飾りと・・・

 

 

帽子と・・・

 

 

そもそも、ちょっと気になるところがあって

 

 

一部作り直す羽目になるのですが

それは次回

 

 

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ペーパークラフトへ
にほんブログ村


ペーパークラフト・文具ランキング