わかくさモノ造り工房

わかくさモノ造り工房

ペーパークラフトを中心に創る造る作る

体幹に基準面設定【ウマ娘】スペシャルウィーク ペーパーフィギュア

MAIN CONTENTS はこちら

 

前回までの記事はこちら

wakajibi2.hatenablog.com

 

 

フィギュア系作品の3Dモデリング時の心得として

いくつか「基準面」(と勝手に名付けた)を設定しています

 

他の部位に追加、変形、調整を行っても、その基準面だけは絶対に動かさないようにしています

 

ほとんどの場合、その基準面は体幹特に腰のあたりに設定することが多いですね

例えば 血小板ちゃん

f:id:wakajibi2:20210510152125j:plain
f:id:wakajibi2:20210510152024p:plain

 

マクロファージさん

f:id:wakajibi2:20210510152217j:plain
f:id:wakajibi2:20210510152028p:plain

 

サクナヒメ様

f:id:wakajibi2:20210510152313p:plain
f:id:wakajibi2:20210510152031p:plain

 

ミンスクさんだけはやや特殊で

f:id:wakajibi2:20210510152436p:plain
f:id:wakajibi2:20210510152039p:plain

スカートの内部にしこんでいます

 

いずれにせよ、モデルの大まかな全体像が出来上がった時点でこのような基準面を設定し、ここを中心にポリゴン整理したパーツを順次換装していく形で完成に近づけていきます

この基準面パーツを厚紙(ボール紙)で作っておくと、モデルの強度がかなり増します

スポンサーリンク

 

 

では、スペちゃんの基準面は、というと

f:id:wakajibi2:20210510190607p:plain
f:id:wakajibi2:20210510152035p:plain

ここですね

 

コルセットの内部に基準面を仕込んでいます

f:id:wakajibi2:20210510190239p:plain

これをどのように組み込んでいくかというと・・・

 

今回は記事を書きながら、実際の作業動画を撮影してみました

ファイルサイズが10MB縛りですので、前半、後半に分けています

f:id:wakajibi2:20210510150713g:plain

厚紙に貼り付けた基準面パーツ

これに巻いていく感じですね

f:id:wakajibi2:20210510150807g:plain

今後の組み立てもこのコルセットを基準に順次組み上げていく形になります

 

動画? ええ、そうですね

今までの「ものっそい」シリーズのノリで編集しています

ものっそい勢いで血小板ちゃん(はたらく細胞)を作ってみた - わかくさモノ造り工房

その他

ものっそい勢いでジト目っ娘にーちを作ってみた メイキング動画 - わかくさモノ造り工房

ものっそい勢いでジバニャンを作ってみた - わかくさモノ造り工房

 

他のパーツも足していって新たな「ものっそい」作品としてYouTubeに上げたいところではありますが・・・

(´-‘).。oO(つまり、結局もう1体スペちゃんが出来上がることになる)

 

次回はセーラー服タイプのジャケットあたりですかな

 

 



 

MAIN CONTENTSはこちら

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ペーパークラフトへ
にほんブログ村


ペーパークラフト・文具ランキング



 

 

日本の原風景は手の届く場所に

MAIN CONTENTS はこちら

 

しばらくペーパーフィギュア関連記事を連発しており

若干食傷気味になっている読者の方々も少なからずいらっしゃるかと・・・

 

ちょいと箸休めに清涼剤的な画像をどぞー

f:id:wakajibi2:20210505160350p:plain

別に風光明媚をウリにしている観光地に行った訳ではありません

近所の散歩道で撮影した画像です

(´-‘).。oO(ま、琵琶湖が近いから、数え切れんほど風光明媚エリアがありますけどね)

 

この記事の時と同じ、自宅から徒歩数分で行けるいつものコース内で撮影したものです

 

画像の水面はただの水田です

代掻き(しろかき)

代掻きをしているトラクタ

代掻き(しろかき)作業の手順 | 苗の成長と田植え | お米ができるまで | クボタのたんぼ [学んで楽しい!たんぼの総合情報サイト]より

と呼ばれる米づくりの1工程を終えた状態

↑こっちは現代版

 

『天穂のサクナヒメ』で言うところの

田起こしして、水を張った直後ですね

 

水深は浅く、面積も限定されているため、そよ風程度までであれば鏡面を保てるというスグレモノの画像素材ww

『天穂のサクナヒメ』ゲーム内の美麗グラフィックもこの水田あってこそ、だと思っています(エアプ感)

 

季節限定なので撮影するなら今が狙い目ですね

 

スポンサーリンク

 

 

  

そもそも原風景とは

原風景(げんふうけい)は、人の心の奥にある原初の風景。懐かしさの感情を伴うことが多い。また実在する風景であるよりは、心象風景である場合もある。個人のものの考え方や感じ方に大きな影響を及ぼすことがある。

原風景 - Wikipediaより

 

つまり、人の数だけあるということです

っつーことで

うどん県のド田舎で育った私にとっては田植え前の水田はまさに原風景として琴線に触れるところがあります

眺めてるだけでなんだか落ち着く、というか・・・ 

日本のモノ造りの最たるもの、といっても過言ではない

 

都会で育った人にとっては古びたビル群や標識、電柱電線がひしめき合う景色が原風景となったり

海辺で育った人にとっては大海原が原風景であってもなんら不思議ではありません

 

このコロナ禍の中で、外出自粛を強制(この時点でなんだか日本語がオカシイが・・・)されており

なにも無理に遠出をする必要は無いのです

普段何気なく眺めている自宅周辺の風景に新たな発見があるかも知れません

スポンサーリンク

 

 

 

続きまして、同じ散歩道で撮影した野草をいくつか

f:id:wakajibi2:20210505164108p:plain
f:id:wakajibi2:20210505164158p:plain
f:id:wakajibi2:20210505164134p:plain

これは皆さんご存知シロツメクサですね

 

f:id:wakajibi2:20210505164327p:plain

ハルジオン

 

f:id:wakajibi2:20210505164445p:plain

シランですかね

(´-‘).。oO(実はそれほど詳しくないGoogle レンズなるものが超優秀)

路傍の花ってやつですな

 

ちなみに

撮影者はワタクシでは御座いません

薄暮の風景は次女KOHAKU

花の写真は三女なすなす

が撮ったものを拝借しておりますですはい

 

今まで

モノ造りで培ったのは何も手先の器用さや技術だけではなく

モノを観る目(観察眼、審美眼)なども磨かれていると確信し、ひとりほくそ笑む父でありましたとさ

最近のスマホの性能が良いだけ、とも言う

 

はい、結局いつもの親バカ記事として〆させて頂きます

 

MAIN CONTENTSはこちら

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ペーパークラフトへ
にほんブログ村


ペーパークラフト・文具ランキング